アルコールによる脱水症状と予防・軽減方法とは

アルコールによる脱水症状と予防・軽減方法とは

二日酔いには、頭痛・吐き気・脱力感・だるさ・痛みなどの様々な症状があります。

 

アルコールの大量摂取によって体内に発生した有毒物質が原因とされていますが、各症状はアルコールによる脱水が原因となっている場合もあるのはご存知でしょうか。
アルコールと脱水の関係について知ることで楽しいお酒の席を過ごせるようにしましょう。

 

アルコールで起こる脱水の原因とは?

アルコール飲料を飲んでいる時に起こりやすい勘違いとして「飲み物を飲んでいるのだから水分が摂れている」という点が挙げられます。
確かにアルコール飲料は水分ですが、成分はアルコールです。

 

アルコールには発汗作用と利尿作用がありますので、飲んだものは汗や尿となって排出されてしまいます。
そうすると体内に必要な水分が奪われ、新たに補給されることがないために、水分不足による脱水症状を起こしやすくなってしまうのです。
通常、スポーツ等の後での脱水状態にもめまいや立ちくらみ、頭痛や吐き気といった症状が挙げられますが、アルコールでの脱水状態にも同じ症状が現れるのです。
二日酔いの時に喉が渇きやすくなるのは、この脱水症状によるサインだと思いましょう。

 

脱水症状の予防と軽減方法

脱水症状は糖分を含むスポーツドリンクの摂取が良いとされていますが、お酒の席ではなかなか見ることがありません。
もちろん購入して持ち歩くということも可能ですが、やはり飲食店ではあまり好まれることではありませんよね。どこでも必ず手に入り、なおかつ最も脱水症予防に効果的なものは「水」です。

 

お酒を飲む時に水も同時に注文し、お酒と水を交互に飲むようにしたり、焼酎などは水やお茶等で割って飲むことでアルコールの摂取量を抑えることが出来ます。

 

仮に、水を飲んだとしても摂取量が増えれば結局は血中のアルコール濃度が上がってしまいますので脱水症状は免れません。
あくまでも、水と同時に摂取することでアルコールの量自体を抑えることが大切になります。
また、お店によっては果汁のソフトドリンクを置いている場合もあります。
果物の果汁には果糖が含まれており、低血糖の予防になることから二日酔いの予防に良いとされています。
更に、トマトジュースは二日酔いによって不足する栄養の補給もしてくれる優れものです。

 

反対に、炭酸飲料はアルコールの吸収を早めてしまうので、避けた方が良いでしょう。
日頃から二日酔い予防に良い成分の含まれるサプリメントで肝機能の向上を図るのもおすすめです。