二日酔いで体が痛い…その驚くべき原因と予防方法とは?

二日酔いで体が痛い原因と予防方法とは?

皆さんはお酒をたくさん飲んだ次の日、二日酔いになってしまった時に頭痛や吐き気、だるさなどの他に筋肉に痛みを感じた方もいらっしゃるのではないでしょうか?

 

あまりよく見られる症状というわけではないのですが、筋肉痛や成長痛のように重く激しい痛みがみられることがあります。
これは酔っ払っている時にどこかでぶつけてしまった以外にも、アルコール特有の症状が発症しているためにこのように体に痛みを感じてしまうのです。
今回はそんなアルコールによって起こる体の痛みの原因と、痛くならないようにするにはどうすれば良いのかをご紹介します。

 

どうして体が痛くなるのか?

 

体が痛くなってしまう原因は、アルコールによって筋肉が壊されてしまうことで起こってしまいます。

 

アルコール自体に筋肉を壊す成分などが入っているというわけではなく、アルコールを飲むことによって肝臓がアルコールを分解しようと活発に働き、体中の水分とビタミンによって分解をしていきます。
お酒を飲むと喉がやたら乾いてしまうのはこのためで、お酒を飲むと体内の水分が使われていってしまうのです。

 

 

体が痛くなるのは水分ではなく、同じように肝臓でアルコール分解に使われているビタミンが要因となっています。
このビタミンが不足してしまうことで筋肉を保つことができず壊されていき、後々筋肉や皮膚の痛みとして表れるのです。


 

この症状が顕著に現れて重症になった場合、麻痺や痙攣を起こしてしまい体を動かすことも難しくなってしまうそうです。
こういった症状を「急性アルコール筋症(ミオパチー)」と呼びます。

 

 

アルコール筋症にならないためには?

 

アルコール筋症の原因はビタミンが不足することなので、そのビタミン不足を解消すれば痛みを和らげることは可能です。

 

ただし、アルコール分解によって失われてしまうビタミンはとても多く、飲んでいる最中に全てを補給するのはかなり難しいと言えます。
なるべく飲んでいる最中は野菜を中心に摂取すると良いでしょう。
しかしそういった料理を注文できない席、例えば接待などの場合には二日酔いサプリメントがおすすめです。

 

二日酔いサプリメントは基本的に二日酔いになりにくくするためのものなのですが、ビタミンが豊富に配合されているサプリメントを選ぶことでアルコール筋症を防ぎつつ、二日酔いも改善できます。
ぜひ筋肉が痛むことが多いという方は飲み会の前や後にサプリメントを使ってみてはいかがでしょうか。