二日酔い 原因

二日酔いの原因

二日酔いの原因には、どのようなものがあるのでしょうか?
ここで詳しく見て行くことにしましょう。

 

まず二日酔いでは、体内の水分が不足する事で極度の脱水症状を引き起こします。
何故水分が不足するかというと、アルコールが血液中に入ってしまう事で、水分バランスを司るホルモンの分泌がアンバランスになるからです。
このようなホルモンの分泌抑制によって、水分は直接尿になって体外へと排出されます。
そして、体内の水分が極度に不足し、脳からも水分が奪われることから、激しい頭痛などが起こるのです。
このようなメカニズムによって、脳が収縮し頭蓋骨と脳の間の膜がズキズキと痛んできます。

 

また尿と一緒に塩分やマグネシウム、カリウムやグリコーゲンといった成分が体外に排出されるので、身体の怠さや疲労感を感じるはずです。

 

肝機能が追いついていない!?

 

アルコールを消化する際には、体内の「アセトアルデヒド」を分解する必要があるのですが、過剰に飲酒をすることで肝機能が追いついていないのです。
そして体内には毒素がどんどん溜まっていき、毒素が激しい吐き気や、むかつきなどを起こしているのです。

 

更にアルコールを摂取している時は「グルタミン」が抑えられるために、寝付きが非常に悪くなります。
酷い場合は、悪寒や高血圧などを引き起こすので大変危険です。

 

二日酔いは、アルコールに種類や飲み方によっても症状の出方が変わってきます。
とにかく普段から、飲み過ぎをやめる事と、肝機能を強くしておく事を心がけるようにしましょう。

 

 

  • 二日酔いの原因 関連記事

二日酔いにならない方法
二日酔いと吐き気の関係
二日酔いの治し方

 

  • 二日酔いサプリメント

二日酔いサプリランキング