飲み過ぎ 嘔吐

飲み過ぎによる嘔吐…恥ずかしい失敗を防ぐには?

お酒を飲み過ぎた時によくある失敗が嘔吐です。


若い時には無理をして一気飲みをしたり、自身の許容量を上回るアルコールで嘔吐しがちですが、歳を重ねたことで分解能力が低下しているにも関わらず、若い頃と同じように飲んでしまっての嘔吐もよくある話ですよね。

 

そんなお酒の席での失敗を無くすためにはどうしたら良いのでしょうか。
飲み過ぎによる嘔吐の対処方法などをご紹介します。

 

飲み過ぎないためにすること

まずお酒の摂取量を抑えるというのはすぐに浮かんできますが、その他にも飲み方などで防ぐことが出来ます。

 

お酒を飲む時には、空腹状態を避けて食事と一緒に摂るようにしましょう。
その時に、アルコールの分解を手助けしてくれる枝豆やお刺身などを食べるようにすると尚良いとされています。
また、一気に飲んだり原液で飲むよりも薄めて飲むこと、ソフトドリンクを間に挟むといったことも効果的です。

 

アルコールの分解量・分解速度は人によって異なりますので自身の体に合った量や飲み方を把握することで無茶飲みを減らし、楽しいお酒となるように心掛けることが大切になります。

 

もしも気持ち悪くなってしまったら

普段はこのくらいでは酔わないのに…というようなことも多々あります。
これは、疲労度や睡眠量などその時々の体調も影響しているのでアルコールが回りやすい日というのも存在するのです。

 

予想外に酔ってしまった時には無理をせず水を飲む等で体に水分を摂取し、アルコールの排出を促しましょう。

 

基本的に、アルコールは汗や尿となって排出されますので水分を多めに摂ることで体内のアルコールを薄め、血中濃度を少しずつでも減らしていくということで回復を図りましょう。
早めの対処で大惨事を防ぐことがでます。

 

日常で出来る予防策

普段からお酒を飲む機会の多い人は、肝臓を鍛えてあげるというのもひとつの手です。

肝臓に良いとされる食べ物やサプリメントの摂取で二日酔いの予防をしたり、アルコールの分解をしやすい環境を整えてあげると良いでしょう。

 

しじみは二日酔い予防に良いと言われますが、冷凍することでオルニチンはパワーアップします。
冷凍しじみをストックしておき、飲み会のある時にはあらかじめ摂取しておいたり、二日酔い予防のサプリメントを常備して日頃から備えておくということも効果的です。

 

食事での大量摂取が難しい成分もサプリメントで補助することで必要量を無理なく摂取することが出来ますが、たくさん飲めばその分の効果が出るというわけではないので、用法容量は守って正しい使い方をするようにしましょう。