悪酔いしてしまう原因って何…?対処法も一挙ご紹介!

悪酔いの原因と対処法

お酒を飲んでいると段々悪酔いしてしまい、体調が優れなくなってぐったりとしてしまい、その後一緒に飲んでいた人に迷惑をかけてしまうことは意外と身近にあることだと思いますが、皆さんはいかがでしょうか?

 

自分はそうですが、お酒も大好きでよく飲みに行くのに悪酔いしてしまうという方を知っている方も多いかと思います。
そこで今回は、どうして悪酔いをしてしまうのかという原因について探り、さらに悪酔いしないための対処法もご紹介します。

 

 

楽しく飲んでいたはずが…悪酔いの原因って何?

 

悪酔いをしてしまう原因として考えられるのは、アルコールを分解してくよりも早くお酒を飲んでしまうことにあります。

 

そもそもアルコールは体内に入ると分解されてアセトアルデヒドという物質になり、次に酢酸へと変化していきます。お酒に弱く、すぐに酔っ払ってしまうという方もいらっしゃるかと思いますが、お酒に弱い人はアルコールからアセトアルデヒドに分解は出来ても、そのアセトアルデヒドを酢酸に分解する力が弱いと言われており、血液中にずっと残ってしまっている状態になってしまいます。

 

 

アセトアルデヒドがまだ血中に残っているのに、どんどんアルコールが増えていき、最終的にはアセトアルデヒドとアルコールの比率がアセトアルデヒドの方が上回った場合、アルコール分解が追いついていないというサインとして頭痛や吐き気といった症状が表れるのです。
そのため悪酔いしてしまう方の多くは、お酒はそこまで得意ではないのに1杯を飲むスピードがとても速いために起こってしまうと考えられます。


 

この悪酔いというのはお酒が全く飲むことができないという人よりも、体質的にお酒に弱いのにも関わらず、ある程度は飲めるという人に起こりがちなものと言えます。

 

 

悪酔いの対処法は?

 

悪酔いの対処法として適しているのはゆっくりお酒を飲むということです。
お酒を早いペースで飲んでしまうことで悪酔いしてしまうので、自分のペースをしっかりと見極めてから飲むことが大切です。

 

また、二日酔いサプリメントを活用してみるのも良いでしょう。
二日酔いサプリメントの多くは、分解をサポートしてくれるものもあり、また悪酔いの際の起こる頭痛や吐き気などの症状も和らげてくれる効果が期待されています。

 

もしも悪酔いが気になるようならゆっくり飲むことと、二日酔いサプリメントを併用してみることで、みんなと楽しくワイワイとお酒を飲むことができるでしょう。