二日酔いで頭痛になる原因

二日酔いと頭痛のメカニズム

二日酔いの症状で最も辛いものに「頭痛」が挙げられます。飲み過ぎてしまうと、翌朝酷い頭痛に悩まされた方も多いのではないでしょうか?

 

二日酔いになると、体内のアルコール分が血管を拡張させることで頭痛が起こります。また、アルコール摂取によって体内の水分量が極端に失われるため、脳の水分量までも足りなくなり、頭痛が起こるといわれています。そして、肝臓に蓄積されたアセトアルデヒドが、辛い頭痛を引き起こしているとも言われています。

 

このように二日酔いになっただけでも、3種類の辛い頭痛が複合して症状になって現れるのです。頭痛は、体内のアルコール分が完全に分解されるまで、ずっと辛い症状が続きます。

 

まずは、膨張した血管の収縮をおこなったり、脱水症状を改善する必要があるでしょう。そして水分を多くとって、体内の毒素を体外へと排出してしまいましょう。このような場合、血管を収縮させるカフェインなどを取る事が良いとされています。緑茶やコーヒーなどが、不快な頭痛を軽減させてくれるでしょう。

 

また、血管を元の状態に戻す為に、首筋を冷やしても効果があります。水分を取る事は、水分バランスを回復するとともに、体内の毒素を薄めることで深いな症状を和らげる働きがあるのです。水分補給には水よりも、スポーツドリンクなどで必要な糖分や塩分をきちんと補う事が重要です。これらの成分は肝臓の働きをサポートしてくれるので、二日酔いには大きな効果的があります。


二日酔いの時に起こる頭痛の解消法とは?

楽しくお酒を飲んだ次の日に限って、頭がとても痛くなり苦痛に感じてしまう方も多いかと思います。

 

二日酔い時に発生してしまう頭痛は、アルコールを分解した時にアセトアルデヒドになって、そこからまた酢酸へと変化するのですが、アルコール量が多すぎて分解しきれずに残ってしまったアセトアルデヒドによって強い頭痛が引き起こされてしまうのです。

 

また、頭痛はアセトアルデヒドだけではなく、アルコールによって引き起こされた脱水症状の一つとして頭痛が起こるケースもあります。
このような原因から起こってしまう二日酔い時の頭痛は、改善させるためにどのような解消法があるのでしょうか?
今回はそんな頭痛の解消法や予防法についてご紹介します。

 

頭痛を解消させるためには?

二日酔いの時に頭痛が起こってしまって症状を和らげたいという時は、その原因にあった方法で頭痛を改善させるのが一番です。
例えばアセトアルデヒドが原因で頭痛になっている場合は、血管を収縮させることで頭痛を抑えることができます。

 

そもそもアセトアルデヒドが残ってしまって頭痛が起きている時に、血中のアセトアルデヒドの減少を促すというものはなく、ただ分解を待っているしかありません。
しかしこの頭痛は血管が広がったことによる炎症でもあるので血管を収縮させることで痛みを和らげられるのです。

 

 

例えば牛乳を飲んだりしじみのお味噌汁を飲むと血管収縮作用があるので頭痛を抑えられます。
また、効果が早く現れやすいのは濡らして冷やしたタオルや冷却シートを使うことです。
大きい血管が通る首筋にあてておくと良いでしょう。

 

 

脱水が原因で起こる頭痛では水分補給が大切ですが、それだけではなくナトリウムなどのミネラルも補給できるスポーツドリンクを飲むことがおすすめです。

 

コーヒーなどのカフェインを含むものは、血管を収縮するのでアセトアルデヒドで起こる頭痛には効果的ですが、脱水が原因のものに関しては利尿作用を高めて体内の水分を排出してしまうため、こういったものは飲まないようにしましょう。

 

 

予防のために、二日酔いサプリメント!

 

頭が痛くなるのを事前に止めておきたいという方におすすめなのが二日酔いサプリメントです。

 

二日酔いサプリメントはお酒を飲む前に飲んでおくことで二日酔いの症状を軽減できるというものです。
これは、肝臓で行われているアルコール分解を促進・サポートしているためで血中にアセトアルデヒドが残らないように次の日までにしっかりと分解をしてくれます。
そのため、二日酔いの時に頭痛に悩まされている方は、ぜひ二日酔いサプリメントを試してみてはいかがでしょうか。
二日酔いサプリメントランキングへ

 

  • 二日酔いと頭痛のメカニズム 関連記事

二日酔いの治し方
二日酔いにならない方法
二日酔いの原因とは?